出産祝いから還暦祝いまで、和風でサプライズなお品
  など見所満載!おすすめ商品をまとめて紹介します。

手描き名前入り子供服.jpg
 出産祝いやプレゼントに喜ばれる名前入り手描きTシャツ!
 詳細・ショッピングはこちら↑↑↑


2008年09月11日

手描きTシャツ


■手づくり市出展
主な出展会場
 ・百万遍手作り市(京都知恩寺)
 ・滋賀がいいもん市(栗東市さきら内)
出展作品
  …名前入りTシャツ・手描きTシャツ・筆文字Tシャツ
    草木染めTシャツ・手描きバッグ・型染めバッグ
手描きパーカー・型染めパーカーetc

私達が一枚一枚心をこめて書かせて頂きます。
「書」を基本とした私達の作風が少しでも皆様のお役に立てたらと、願いを込めて…

手書きTシャツ
posted by 手づくりart at 16:42| 手描き作家 > 手描きへのごだわり | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

手描きTシャツへのこだわり 「名入れ」

名前入りTシャツは贈り物にも大変喜ばれています。
手描き、手づくり作品にはさまざまな見どころがあります。
誰が書いたのか? それは職人や書道家が書くように上手いのか? 何と書いてあるのか? いつ書かれたのか?などなど…
それらが作品の評価にもつながります。
みなさんはどれが最も重要ですか?

鯉の滝登りf.jpg
そうなんです。実は上手い下手などよりももっと重要な観点があります。
作者、「それは誰が書いたのか?」なのです。
確かに技術を生かし上手く書かれたものは人を惹きつけます。
良い言葉が書かれていると共感をえられ、影響を受けるかもしれません。
それが数百年前に書かれたものならば重要視したくなる。
それらは作品を評価する上でとても重要視され大切な事柄ですが、もしその作品が技術が伴っておらず、あまり大きな意味を持つ言葉でなければ関係のない人からするとなんの価値のない物に感じるでしょう。

もちろん、みなさんも高名な書家や画家さん、著名人が書いたものであれば当然のように高く評価されるでしょう。
でもそれ以上に作品の良し悪しに関わらず自分のお子さんが描いた作品であったり、恩師からの直筆の贈り物であったらどうでしょう?
その評価の基準は全く変わり、また、その評価は一気に上がって何物にも代えられない作品となる事でしょう。

手描きTシャツを描く時にご注文いただいたお客様の背景はわかりません。
しかし少ない情報から、精いっぱい想像し、精いっぱい感じ取りながら描く事が我々の使命だと思っております。
また、名前入りTシャツはプレゼントに用いられる事が多いため、より心を込めてお名前を入れさせて頂いております。

それは「誰が書いたのか…?」という事が送られる側にとって最大の贈り物になると言う事。
そして我々は送り主の代わりに書かせて頂いているんだと言う事。
それらの気持ちを大切に、手描きTシャツ、名前入りTシャツに筆をおろす事がプロとしての私達の使命!そう思いながら日々Tシャツを描いております。

posted by 手づくりart at 13:36| 手描き作家 > 手描きへのごだわり | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

手描きTシャツへのこだわり 「筆文字」

手描き(手書き)Tシャツ、筆文字Tシャツなど呼称はさまざまですが、私たちは「書」、書道をすべての基本とし書きあげています。

太郎と花子画像-16.jpg

「書」と聞くと難しそうなでかしこまった印象を受けるかもしれませんが、我々も含め幼い頃から日常で慣れ親しんだものであるのです。

しかし今ではインターネットやパソコンが普及し文字を書くことが減り、手で書いた文字を読むことが減り…

そんな現代だからこそ「生の字」が見直され、喜ばれているのではないでしょうか?
 
書を基本とした筆筋は絵に迫力を増しリアルさが際立ちます

書道は芸術として生き、そしてそれを普段使用するものに取入れ日常に回帰する。
手描きTシャツや筆文字Tシャツとは、まさにそんな作品なのです。



posted by 手づくりart at 19:40| 手描き作家 > 手描きへのごだわり | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

手描きTシャツへのこだわり 「絵柄」

雲竜*2.jpg


手描きTシャツもしかり絵師にとって一番難しくて気を使うのが顔(面相)です。
すでに腕のある職人さんでも一人前の面相師になるには最低でも5〜6年かかると言われています。
経験や技術に裏打ちされた職人の「勘」と「精神」によって目、鼻、口をそれぞれ描き込み、Tシャツに命を宿す。
描き手の気持ちによって微妙に表情が変化するのは、手描きの証であり面白味でもあり、また醍醐味でもあります。
「手描きであるので、顔の表情が極わずか微妙に違っているのが分かる」
その風情や味を損なわないように同じものを創りあげる。
そしてその技術を高価なものではなく、Tシャツや子供服のように一般的な物に取り入れる。
そんな墨絵風手描きTシャツ・手染めTシャツは和の伝統や技法をごく身近に感じられるお品なのです。


手描きTシャツ 太郎と花子
手書きTシャツ
posted by 手づくりart at 11:46| 手描き作家 > 手描きへのごだわり | 更新情報をチェックする
 ◆ What's New 新着情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。